大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 万感胸に迫る花束贈呈 | HOME | 大界外相 »

飛鳥のくつな石の由来

謎の石造物が散在する飛鳥に、くつな石という不思議な石があります。

場所は石舞台古墳からさらに奥へ登って行った所・・・阪田という集落の山の中です。

くつな石

くつな石。

くつな石の由来をご案内致します。

くつな石 鳥居

その昔、大きな石が山の中にありました。

とある石屋がこの石を切り出そうとして、ノミを入れたそうです。するとどうでしょう、石の割れ目から血が流れ出し、傷を負った白い蛇が現れたのです。

びっくり仰天した石屋は逃げ帰り、その晩から高熱にうなされて亡くなってしまったそうです。

くつな石の道標

ここを右に折れて山の中へ入っていくと、程なく神の宿る石と言い伝えられるくつな石に出会います。

昔の言葉で、蛇のことを「くちなは」と言いました。

”朽ちた縄”に似ているところからそう呼ばれていたようです。時の流れと共に、「くちなは」が「くつな」に転訛していったのではないでしょうか。

くつな石 景観ボランティア明日香

「長い坂道、お疲れさまでした」と書かれています。

大字阪田 景観ボランティア明日香・・・地元の人たちによって守られてきた歴史が垣間見えます。

くつな石

横からくつな石を撮影。

どの角度からも神々しい霊気が感じられます。

人里離れた山の中にあるだけに、民家近くに佇む亀石などとは趣を異にします。

くつな石 霊水

くつな石は川沿いに位置しているのですが、霊水とおぼしき清流が流れていました。

くつな石は水の神様でもあるのでしょうか。

くつな石 木

大自然のパワーが感じられます。

間違いなくここはパワースポット・・・そんな雰囲気に満ちています。

飛鳥観光の穴場を発見したような気分に浸ります。

くつな石

ご存知のように飛鳥にはミステリーストーンが数多く存在します。

酒舟石、亀石、益田岩船、猿石、人頭石、鬼の雪隠・俎、二面石、立石、マラ石、石舞台古墳等々・・・それぞれが観光スポットにもなっていますが、くつな石はまだあまり知られていないように思います。

このままそっとしておいて。

くつな石とのめぐり会いに感謝申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

正暦寺の紅葉

大神神社の大門松

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2010年07月20日 09:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「万感胸に迫る花束贈呈」です。

次の投稿は「大界外相」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34