大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 宿泊ギフトの手配 | HOME | げんげの煮付け »

田長がリズムを取る御田植祭

御田植祭の進行は、田長(たおさ)の太鼓の合図によります。

6月25日の午前10時より執り行われる大神神社の御田植祭。狭井川に近い神饌田には太鼓の音がリズムよく鳴り響きます。

田長と早乙女と田作男

水面に一株ずつ早苗を植えていく早乙女と田作男。田圃の縁で太鼓を持っているのが田の主とされる田長です。

田長とはあまり聞き慣れない言葉ですよね。

そこで、国語辞典を紐解いてみました。田長の意味を解説致しますと、以下のようになります。

  1. 田の主、農夫の長。
  2. ホトトギスの別名。田長鳥(たおさどり)、死出田長(しでのたおさ)。

御田植祭の様子を見ていると、農夫の長であることは理解できるのですが、ホトトギスの別名であることはなかなか想像がつきませんよね(笑)

大神神社の神饌田

御田植祭を前に、早乙女達がお祓いを受けておられました。

ホトトギスといえば、自分の卵をウグイスなどの巣に産み落とすことで知られる鳥です。ずる賢いと言うか、何と言うか、他人の卵だとは気付かずに抱卵して育てている鳥の方がかわいそうになってくるのですが、そのホトトギスが田長と呼ばれていたとは知りませんでした。

田長

自らは苗を植えず、太鼓を打ち鳴らすことによって、リズムよく田植えが進んでいきます。

早苗を植えているのは早乙女や田作男です。

表現方法が正しいかどうかは別にして、人任せにしている点ではホトトギスにも通じるものがありま(笑)

御田植祭の鍬

田植えを前に鍬入れが行われました。

ホトトギスのことを「あやなしどり」と言うこともあります。あやなしとは、古語で「道理に合わない、理由が分からない」といった意味があります。ホトトギスの不思議な習性は、まさしく「あやなし」という言葉がそのまま当てはまります。

早苗

天秤棒を担いだ農夫の籠には早苗が入っています。

冥途にある険しい死出の山から飛来するとも言われるホトトギス。死出田長(しでのたおさ)とも呼ばれる所以ですが、どことなくミステリアスで不吉な感じが漂います。

秋の万葉文化館にホトトギスの花が咲いていたのを思い出します。エキゾチックなその雰囲気は、この世のものとは思えない美しさを解き放っていました。

田長

田長の太鼓の合図が、ホトトギス(田長鳥)の一声を想像させます。

整然と一直線に並んだ早乙女と田作男が、田長の合図で一斉に早苗を植えていきます。

御田植祭の田長

神饌田に植えられた早苗は、秋の10月20日の抜穂(ぬきほ)の時まで五風十雨を受けながら、豊年講の方々の手で大切に育てられます。

御田植祭で育てられたお米は神饌に、稲藁は注連縄に利用されるそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2013年06月06日 07:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「宿泊ギフトの手配」です。

次の投稿は「げんげの煮付け」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34