大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 森鴎外の門 | HOME | 浄照寺 »

インパクトの強い迦楼羅像@興福寺国宝館

興福寺の迦楼羅像をご案内致します。

読み方は迦楼羅(かるら)と読みます。

迦楼羅像

興福寺国宝特別公開が催されている興福寺。

阿修羅にばかり目が行きがちですが、八部衆の中の迦楼羅像も愛嬌のあるお顔をなさっています。

せんとくん人形

三条通りのお土産物屋さんに置かれていたせんとくん人形。

東京と福岡に出張していた阿修羅像が奈良へ帰って来ました。奈良でも大変な盛り上がりを見せていますが、まるで遷都祭のプレイベントを感じさせる勢いですね。

興福寺南円堂

興福寺南円堂前の右近の橘。

別名ヤマトタチバナと呼ばれる柑橘類が実っています。

興福寺の迦楼羅像は奈良時代の作。

仏教を守護する天竜八部衆の一。

国宝に指定されている彩色の乾漆像です。

迦楼羅とはインド神話に登場する巨鳥で、ビシュヌ神が乗る鳥であるとされます。須弥山世界の四天を翔けり、龍を常食とします。

なんと、龍を食べるんですね。

頭は鳥で如意珠があり、翼は金色、身体は人間、肩にスカーフを巻き、口から火焔を吐きます。

不動明王 迦楼羅炎

不動明王の背後に燃え盛る炎のことを迦楼羅炎(かるらえん)といいます。

迦楼羅の羽を広げた形に似ていることに由来します。

迦楼羅は梵語ではガルダ(Garuda)といいます。

「gr」には”飲み込む”という意味があるそうです。

金色の翼を持つことから金翅鳥(こんじちょう)とも呼ばれる迦楼羅。

神武東征の際に、神武天皇の手助けをした鵄(トビ)も金色をしていましたよね。奈良県橿原市の市章には金鵄が象られています。

金色の鳥は縁起が良さそうですね。

阿修羅人気に隠れてはいますが、迦楼羅像の魅力もなかなかのものだと思います。

<興福寺関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2009年11月07日 20:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「森鴎外の門」です。

次の投稿は「浄照寺」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34