大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 種子から開花まで6年のササユリ | HOME | 御所撫子 »

法華寺十一面観音立像の長い手

法華寺の十一面観音立像をご案内致します。

光明皇后をモデルにしたのではないかと伝えられる国宝の仏像。

法華寺の十一面観音立像

艶やかなお姿です。

本堂で拝観させて頂いた後、十一面観音のカラー写真を購入させて頂きました。

興福寺の阿修羅像が人気を博していますよね。

阿修羅ファンのことをアシュラーと言うそうです(笑)

女性が恋する対象の仏像が阿修羅像なら、男性が恋をするお相手は法華寺の十一面観音像ではないでしょうか。

法華寺の十一面観音立像

はっきりとした目鼻立ち、朱色の唇、長い髪の毛。

蓮の葉や蕾を放射状に配した光背。

天竺の名彫刻家・文答師(もんどうし)の作と伝えられます。どこか異国情緒の漂う仏像にしばし見入ります・・・。

法華寺の本堂

法華寺本堂。

本堂の中には十一面観音立像の他にも、維摩居士像、横笛像などの名作が並びます。

法華寺の花

境内の池の畔に綺麗な花が咲いていました。

初夏のカキツバタで有名な法華寺ですが、和風庭園の華楽園では紫陽花の七変化も楽しめます。

紫陽花 法華寺

きれいですね。

紫陽花といえば、奈良県内では矢田寺や久米寺が知られます。ここ法華寺の紫陽花も、負けず劣らず鮮やかに周囲を照らし出します。

法華寺の門

法華寺は大和三門跡の一つに数えられます。

天平時代に光明皇后が建立したお寺です。

総国分寺の東大寺に対し、法華寺は諸国の国分尼寺を総括する総国分尼寺とされます。

法華寺の十一面観音立像

長い手をなさっています。

膝より下まで伸びる長い手。

衆生を救済するために、そのお慈悲から長く伸びた手。千手観音の手も同じような理由があるんでしょうね。

法華寺の十一面観音立像

右足の親指が少し上を向いています。

”あそび足”と呼ばれます。

蓮池の上を今にも歩き出しそうな動きが感じられます。

菩提樹の花 法華寺

本堂の右斜め前に菩提樹の木がありました。

花が咲いていますね。

観音様といえば、基本的には男性です。

その証拠に、法華寺の十一面観音様の口元にはお髭が見られます。

長谷寺の十一面観音にも髭(ひげ)がありましたよね。

観音菩薩はあらゆる境遇の人々を救うために、三十三に姿を変えて救済に当たると言われます。男性にもなるし、女性にもなるということでしょうか。

奈良県桜井市にある聖林寺の十一面観音像も国宝に指定されていますが、法華寺の十一面観音と同じく、女性らしいしなやかな体のラインが印象的です。

十一面観音立像 法華寺

法華寺の十一面観音立像は秘仏です。

拝観できる特別開扉期間が定められており、毎年3月下旬~4月上旬、6月上旬、10月下旬~11月上旬となっています。

<法華寺観光案内>

法華寺華楽園の花 境内に開花する紫陽花や杜若
法華寺に開花する御所撫子 天然記念物の伊勢撫子

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2009年06月10日 10:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「種子から開花まで6年のササユリ」です。

次の投稿は「御所撫子」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34