大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 丹念な手入れで生育中の長谷寺寒牡丹 | HOME | せんとくん まんとくん なーむくん »

銅板法華説相図と長谷寺創建

長谷寺の創建にまつわるお話です。

寺伝によれば、686年の朱鳥元年、
河原寺の僧・道明が銅板法華説相図(どうばんほっけせっそうず)を現在の五重塔近くに安置しました。

それが本長谷寺です。

本長谷寺

本長谷寺。

今の長谷寺のハシリが存在していたんですね。

本長谷寺の銅板法華説相図

本長谷寺の銅板法華説相図は、千仏多宝仏塔とも呼ばれます。

長谷寺の宝物館である宗宝蔵でも、そのレプリカを鑑賞することができます。下の方に仁王さんが描かれていたりして、なかなか見応えのある国宝です。

天武天皇の勅願により、道明上人が西の丘に精舎を造営したことから、この場所を本長谷寺と呼んでいます。銅板法華説相図は、天武天皇の病気平癒のために鋳造されたものと伝えられ、本長谷寺の本尊として祀られました。

本長谷寺のガイド

本長谷寺の案内板もありました。

本長谷寺は長谷寺本堂の西側にあり、五重塔のお膝元に位置しています。

五重塔 本長谷寺

五重塔がこんなに近くにあります。

時は流れて727年、聖武天皇の命を受けた僧・徳道(とくどう)が、現在の本堂の場所に伽藍を造営し、十一面観音菩薩立像を祀りました。

これが、後長谷寺(のちはせでら)ということになります。

道明上人御廟塔

道明上人御廟塔。

仁王門を抜けると、すぐ右手に建っています。

長谷寺の創建には、道明上人と徳道上人の二人が時を隔てて関わっています。その最初の方に当たる本長谷寺の創建に関与したのが道明上人です。

紅葉 長谷寺

本長谷寺から見える紅葉の写真。

本長谷寺から弘法大師御影堂の方を向いて撮影してみました。本長谷寺と後長谷寺が一緒になり、後の長谷寺が成立していったと考えられています。

長谷寺の牡丹

長谷寺の初夏を彩る牡丹。

牡丹ばかりに目が行きがちですが、花のみてらと称されるだけあって境内には実に様々な花が咲いています。

牡丹と同じく5月には、ヤマブキ、ツツジ、芍薬、日本シャクナゲ、西洋シャクナゲ、花蘇芳(ハナズオウ)、鉄線(てっせん、クレマチス)、藤、ハナミズキ、オオデマリなどが咲き誇ります。

さらに6月になると、沙羅双樹、紫陽花、花ショウブ、ヤマボウシ、桔梗、唐種招霊(からたねおがたま)、ノウゼンカズラ、大山蓮華、タイサンボク、ヒメウツギ、白丁花(ハクチョウゲ)等々が開花します。

長谷寺の舞台

奈良県の絶景スポットのひとつ、長谷寺の舞台。

徳道上人は観音信仰に篤く、西国三十三ヵ所観音霊場を開かれたお方でもあります。

長谷寺が数多くの観音霊場の中でも、根本道場と呼ばれる所以ですね。

千両 長谷寺

冬の境内では千両も見られます。

道明上人に加え、長谷寺の創建に関わった徳道上人の名前もしっかりと覚えておきたいところですね。

開山堂 徳道上人

開山堂。

毎月2日に徳道上人回向の法要が行われるお堂です。開山堂は本堂と五重塔の間の階段を下りた所に佇んでいます。

開山堂のガイド

開山堂の案内板。

休憩所の近くにありますので、是非お参り下さい。

初瀬詣でに行くなら、長谷寺創建の中心人物である徳道上人をくれぐれもお忘れなく。

<長谷寺関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2008年12月07日 08:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「丹念な手入れで生育中の長谷寺寒牡丹」です。

次の投稿は「せんとくん まんとくん なーむくん」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34