大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 新薬師寺の仏手柑飴 | HOME | 長谷寺の法話 »

塗香の香りに包まれる長谷寺

長谷寺の特別拝観で塗香の香りをまとった手。

塗香(ずこう)とは仏像や修行者の身体に香を塗って、穢れを除くことを意味します。また、そのために用いられる粉末状のお香のことを塗香と言うのですが、特別拝観の本堂受付で係の方に塗香を手に掛けて頂きました。

長谷寺の塗香

長谷寺境内のお土産物売場で販売されていた塗香。

手にこすり付けると、フワッと立ち上る独特な香りに癒されます。

ぼたん祭り開催中の長谷寺では、境内の至る所に綺麗なぼたんが咲き乱れています。

花のみてら長谷寺が一年で最も賑わう時期なのかもしれません。

長谷寺ぼたん 登廊

長谷寺のぼたんと登廊。

ぼたんの別名を二十日草といいます。

20日間咲くということに由来します。

今の暦でいえば、4月20日から5月10日頃までということになるでしょうか。二十日草とはよく言ったものですね。

本長谷寺と結縁の五色線

長谷寺の歴史を物語る本長谷寺に、特別拝観で結んでもらった結縁の五色線をかざします。

こうやって境内を歩いている間も、ふとした拍子に塗香の香りがふわっと立ち込めます。十一面観音のご利益に授かれたような、そんな実感が湧いてきます。

香りとは不思議なものですね。

長谷寺 ぼたん 牡丹 ボタン

どこを見渡しても牡丹、ボタン、ぼたん・・・。

正に圧巻です。

長谷寺 ぼたん 牡丹 ボタン

150種、7,000株のぼたんが咲き誇ります。

ぼたんの花言葉は「富貴」。

大きな花びらが幾重にも重なって、ふくよかで気品漂う花です。

長谷寺本坊 ぼたん 本堂

長谷寺本坊から国宝の本堂を望みます。

ぼたんと本堂のコントラストが映えます。

長谷寺本堂と牡丹

インドに起源を持つとされる塗香。

蒸し暑いインドでは、普段から体臭も気になるところだったのでしょう。香りを身に纏うことにより、心身ともに生まれ変わったような気持ちになったのではないでしょうか。

お釈迦様の歴史もインドに発します。

仏教の故郷で親しまれた塗香が、長谷寺御本尊との結縁に際しても、身を清める道具として使われています。

長谷寺 ぼたん 牡丹 ボタン

長谷寺のぼたんは、唐のお妃様が献木したことに端を発します。

心は綺麗だけれど、顔がイマイチだった馬頭夫人・・・。大和の長谷観音の霊験あらたかなる噂を聞き付け、中国の唐から東の大和の方角に向かい、ひたすら願い続けたと伝えられます。

長谷寺ぼたん

その甲斐あって、美人になった馬頭夫人。

お礼に牡丹を長谷寺に献木したと伝えられます。

長谷寺ぼたん 二十日草

二十日草という名前からも、ぼたんの見頃がゴールデンウィーク頃だとうかがえます。

ほぼ毎年、大型連休の時期を外すことなく開花する長谷寺の牡丹。

一定のリズムで、ほぼ狂いなく咲き続ける牡丹の花に感謝の念が湧き起こります。

長谷寺ぼたん 仁王門

仁王門を背景にぼたんを撮影。

歴史的建造物とぼたんが美しい均衡を奏でます。

長谷寺ぼたん

黄色いぼたんが一番最後に咲くそうです。

ピンク系のボタンが一番早く咲き、黄色いぼたんが最後に咲く。種類が多いだけに、ぼたん祭りの期間を通して様々な表情を楽しむことができます。

当館から長谷寺までは、お車で中和幹線を経由して15分のアクセスです。

長谷寺の寒牡丹 冬に咲くぼたんをご案内!

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

正暦寺の紅葉

大神神社の大門松

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2009年04月28日 18:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新薬師寺の仏手柑飴」です。

次の投稿は「長谷寺の法話」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34