大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 松茸料理 | HOME | 大神神社のお守り『みわ鈴』 »

参集殿玄関口に見る大神神社のなでうさぎ

なでうさぎは、大神神社の参集殿玄関にて私たちを出迎えてくれます。

大神神社のなでうさぎ

ご利益で人気のなでうさぎ。

子丑寅卯・・・十二支の中では4番目の卯(うさぎ)。

東西南北で表すなら、ちょうど太陽の昇る方向である真東に当たります。時刻でいえば、午前6時を指します。

縁起のいい方角ですよね。

額束の三輪明神

なでうさぎの歴史は戦前に遡ります。

大鳥居から少し東の方角にある、一の鳥居の大燈籠の上・・・その一番上になでうさぎは佇んでいました。

卯の方(東方)、つまり三輪山を向いていたと伝えられます。

大神神社一の鳥居は、夏のおんぱら祭りで有名な綱越神社の近くにあります。車の通行できる参道から少し離れた所にありますので、結構分かりづらいかもしれませんね。

大神神社の拝殿

重要文化財の拝殿。

なでうさぎはその名の通り、撫でることによってご利益があると言われています。特に手や足などの痛みを取ってくれると評判です。

大神神社のお守りの中には、なでうさぎを模した「なで守」という御守があります。なで守にも、実際に撫でることのできる金色のうさぎの部分があります。

人気のお守りですね。

祈祷殿

大神神社の祈祷殿。

三輪の神は太陽神であるとも言われています。

日が昇る真東の方角と十二支のうさぎが見事に重なります・・・なでうさぎは拝殿向って左側にある参集殿玄関口に鎮座しています。

今は南の方角を向いていることになりますね。

大神神社ご参拝の際は、なでうさぎとの触れ合いをおすすめ致します。

鳥居の意味 なでうさぎが居た一の鳥居をご案内!

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2008年09月24日 18:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「松茸料理」です。

次の投稿は「大神神社のお守り『みわ鈴』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34