大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 畝傍山を背にする橿原神宮ご参拝  | HOME | 景観保全に寄与する今井町の新聞受け »

埴輪のレプリカが見られる橿原神宮前駅界隈

近鉄橿原神宮前駅のご案内です。

橿原神宮前駅は大変便利な交通の要所です。

北は京都、南は吉野に通じます。

近鉄南大阪線も通っていて、大阪の阿倍野橋(天王寺)にアクセスします。あべのハルカスがオープンすれば、天王寺の人出も益々増えていくのではないでしょうか。

埴輪のレプリカ

橿原神宮へ向かう道路脇のお店で、奈良名物の埴輪のレプリカを見つけました。古墳から出土する埴輪ですが、いかにも奈良らしくていいですね。

埴輪まんじゅう

埴輪まんじゅうもありました。

奈良のおみやげにいいかもしれませんね。

橿原神宮前駅西口

橿原神宮前駅西口。

西口の改札を出れば、神武天皇が祀られる橿原神宮へと通じています。

橿原神宮前駅東口

こちらは、橿原神宮前駅東口。

裏玄関といった感じで、橿原神宮へ直結する西口に比べれば小ぢんまりとした駅舎です。

東口を出ると、吉野方面へ通じる国道169号線が通っています。

太古の力

タクシー乗り場の近く、東口前広場において奇妙なオブジェを発見致しました。

これは一体何を表しているのでしょうか?

太古の力

横に「太古の力・・・」と書かれていました。

やはり、これも奈良らしく歴史モニュメントのひとつなんでしょうね。

丈六

橿原神宮前駅東口を出てすぐ「丈六」の交差点があります。

丈六・・・じょうろくと読みます。

丈六の地名由来を辿ると、古代の厩(うまや)坂のあった所であると云われます。

丈六とは、一丈六尺(16尺で、約5m)を表します。

5mの丈のある仏様が、この辺りに安置されていたのでしょうか。「丈六仏」という言葉が残されているぐらいですから、その可能性も高いのではないでしょうか。

大和の方言に、丈六組む(じょうらくむ)という言葉があります。坐像仏のように、胡坐をかく姿を意味します。

丈六という地名から、様々なことが連想される奈良の歴史の深さ・・・。実に面白いですね。

丈六から東へ進んで行くと、豊浦宮跡を過ぎて飛鳥の雷丘へと抜けていきます。さらに、飛鳥資料館~山田寺跡~安倍文殊院へと続きます。

<橿原神宮の関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

正暦寺の紅葉

大神神社の大門松

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2008年07月26日 08:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「畝傍山を背にする橿原神宮ご参拝 」です。

次の投稿は「景観保全に寄与する今井町の新聞受け」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34