大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 聖徳太子が習わせた伎楽と安倍山城跡@桜井市の土舞台 | HOME | 笠山三宝荒神参拝と祈祷受付 »

桜井の地名由来

奈良県桜井市。

桜井の地名の由来をご案内致します。

桜の井

JR桜井駅を下車して、土舞台や安倍文殊院方面へ歩いて行きます。若桜神社の手前右手に桜の井という井戸があります。

桜の井の案内プレート

道路上に埋め込まれた桜の井の案内プレート。

桜井市谷の若桜神社に残る井戸。

「桜の井」の説話が残されており、この井戸が地名の起源になるのでしょうか。

桜井の地名由来には諸説あって、一つに限定することは難しいようです。私はこの辺りの地形に由来する地名のように思います。

桜の井

桜井の「サ」が接頭語で、「クラ」が鞍(凹部)を意味し、「イ」が井戸ではないかと・・・

桜井市谷という地名があります。

その字の如く、凹凸のある地形が残るエリアです。

桜の井ガイド

若桜神社は稚桜神社とも書きますが、いずれにせよ、この「若」は美称として冠されています。要するにサクラ神社です。サクラといっても、花の桜とは何の関係もありません。

天皇の遊宴の席で、盃の上に桜の花弁がひらりと落ちたから「稚桜」の地名が起こったとする説もありますが、果たして真偽のほどはいかがでしょうか。

桜井市内には、クラと名の付く地名が多く残ります。

溜池で知られる倉橋を筆頭に、口倉(くちのくら)、小倉(おくら)、滝倉(たきのくら)等々。倉橋のため池は小高い場所にあって、その地形から名付けられた地名であることがうかがえます。

桜井の地名も、谷の地形に由来しているのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2008年07月05日 11:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「聖徳太子が習わせた伎楽と安倍山城跡@桜井市の土舞台」です。

次の投稿は「笠山三宝荒神参拝と祈祷受付」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34