大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« JR・近鉄桜井駅 | HOME | お神酒あがらぬ神はない »

苧環伝説のおだまき杉

大神神社の摂社に若宮神社があります。

地元の人間である私たちは”若宮さん”と呼び慣れています。

若宮神社は大神神社の初代神主である大田田根子を祀っています。若宮さんの鳥居前には「おだまき杉」という有名な杉が鎮座します。

おだまき杉

おだまき杉とは一体何を意味するのだろう?

そんな疑問が湧いてきました。

大田田根子という人は、大神神社の主祭神であらせられる大物主神と活玉依毘売(いくたまよりひめ)の神孫とされています。

大物主神の血統なわけですね。

若宮神社

その昔、美女で知られる活玉依毘売の元へ夜ごと通う男がいたそうです。

その男の正体を知るために、男の裾に麻糸を付けてみたところ、その糸は三輪山の杜へと続いていたというお話です。

そう、正しくその男は大物主神であったわけです。

この神婚にまつわるお話が、苧環伝説として今に伝えられているのです。苧環とはつむいだ麻糸を、中が空洞になるように円く巻いたものをいいます。

三輪山の杜へとつながっていた麻糸ですが、その糸が三巻だけ残っていたため、三輪という地名が生まれたとも伝えられます。

おだまき杉

苧環伝説から大田田根子へのつながりが理解されますね。

昔は現代のように、夫婦が共にひとつの家庭を築く時代ではありませんでした。

妻問婚(つまどいこん)といって、男性が女性の家に通う形で成り立っていたのです。

大田田根子の神社

崇神天皇の御代、国が乱れて大変な時期がありました。

困った崇神天皇は、今の茅原(三輪山の麓)を指すと思われる神浅茅原(かむあさぢがはら)に於いて占ったところ、大物主神はこうおっしゃったと云います。

大田田根子を以て私を祀りなさい、と・・・。

託宣通りにしたところ、見事に国は治まったと伝えられます。

若宮神社のおだまき杉を見ると、三輪山の神の懐の深さを感じずにはいられません。

山の辺の道案内

若宮さんの前にある山の辺の道ルート案内。

智恵の神様で知られる久延彦神社や、薬井戸の水で人気の狭井神社へと続いて行きます・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2008年06月20日 14:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「JR・近鉄桜井駅」です。

次の投稿は「お神酒あがらぬ神はない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34