大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« なら工藝館で出迎える木彫りの鹿 | HOME | 堂本剛 奈良観光特別大使 »

祥月命日と月忌

法事・法要のご案内です。

奈良の旅館大正楼では、ご家族やご親戚の方々がお集まりになられる法事の食事予約も承っております。

法事 法要 奈良の大正楼

  • 法要とは

    法要(法事)とは、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために行う仏教的儀式のことをいいます。

    死後7日目に行われる初七日や1年後の一周忌など、区切りの日に行われるのが慣わしです。

    四十九日に当たる満中陰、一周忌、三回忌などは現在でも多くの方が執り行われているものと思われます。

    家庭でできる法事法要
    家庭でできる法事法要橋爪 大三郎

    径書房 2008-02-26
    売り上げランキング : 179363


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    今日も一組、法事のお客様のご予約が入っていました。

    久しぶりに顔を合わせる孫たち・・・そんな楽しみも法事ならではですね。

  • 祥月命日と月忌

    祥月命日(しょうつきめいにち)とは、例えば、4月22日にお亡くなりになられた方がいらっしゃったとして、その方の祥月命日は毎年の4/22になります。

    毎年1回は必ずやってくる命日のことですね。

    一方、死亡したのと同じ日のみを示す命日もあり、これを月忌(がっき)といいます。

    毎月22日が月忌に当たるわけです。

    そういえば、私の家でも毎月、月忌に相当する日に僧侶が来られて読経して行かれます。

    法事でお食事をされる方々は、祥月命日の法要、つまり年忌法要のお客様方です。

    死亡した年の翌年の祥月命日に行われるのが一周忌。

    一周忌の次は三回忌になります。

    三回忌は死後満2年目に行われます。

    以降は七回忌、十三回忌、三十三回忌と祥月命日に法要が執り行われていきます。

    掛け軸 法事会場 法要会場

    最近では、大体三回忌までを正式に行うところが多いようです。

    仏教では人が亡くなってからの7週間を中陰といいます。

    この7週間の間、7日に一度の割合で閻魔(えんま)庁において審判が行われるとされます。

    生前の功徳と罪業によって裁かれるわけです。

    なんとも、緊張を強いられる大切な期間なわけですね。

    49日の間、死者は現世と冥土の間をさ迷っていると言われます。

    四十九日が満中陰。

    この日の審判によって死者のその後の運命が決まります。満中陰を終えると忌が明けます・・・

    奈良の法事のご会食は料理旅館大正楼でお待ち申し上げております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

    オンライン宿泊予約 宴会予約

    〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
    大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
    TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

    当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
    奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
    奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

    奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

    Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

    奈良の四季情報

    万葉文化館の里桜

    GWに見頃を迎える春日大社の藤

    宿泊予約 宴会予約

    奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

    宿泊予約フォーム

    宿泊プラン

    空室情報 空室状況

    地図 アクセスマップ

    宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

    About

    2008年04月22日 10:01に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「なら工藝館で出迎える木彫りの鹿」です。

    次の投稿は「堂本剛 奈良観光特別大使」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Powered by
    Movable Type 3.34