大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 脳で旅する日本のクオリア | HOME | 舌が叩き鳴らす風鈴@おふさ観音 »

飛鳥大仏開眼1400年を迎える飛鳥寺の紫陽花

飛鳥寺にも紫陽花が咲いていました。

沙羅双樹や馬酔木のイメージが強かった飛鳥寺ですが、ちゃんと梅雨の時期にはアジサイの花を咲かせるんですね。

飛鳥寺の紫陽花

本堂を背景に撮影してみました。

本堂の中には、日本最古の仏像である釈迦如来坐像が安置されています。

飛鳥大仏の絵馬 飛鳥寺

飛鳥大仏の絵馬が掛けられていました。

ご本尊釈迦如来坐像の通称は”飛鳥大仏”ですね。

飛鳥大仏開眼1400年 飛鳥寺

飛鳥大仏開眼1400年の節目を迎えようとしています。

推古天皇の命により、鞍作止利(止利仏師)が造った日本最古の仏像。小さなお寺に鎮座なさっている由緒正しき仏様です。

飛鳥寺の紫陽花

紫陽花の花言葉は「移り気」ですが、この地に長い間坐しておられる飛鳥大仏には似つかわしくないイメージがありますね(笑)

仏様を安置するお堂が、長い間無かったと伝えられます。

露天で風雨にさらされながらも、庶民の篤い信仰心によって守られてきた飛鳥大仏。1,400年前のお姿を留めておられるのは奇跡的なことですね。

飛鳥寺の紫陽花

紫陽花と本堂の間には、おみくじを結ぶ柱が立てられています。

昨今の寺社でよく目にする”おみくじ結び処”ですね。

沙羅双樹の花 思惟殿 飛鳥寺

沙羅双樹の花も咲いていました。

仏教と関わりの深い沙羅双樹。釈尊が涅槃に入る際、その四方に2本ずつあった沙羅樹・・・

日本で沙羅というのは夏ツバキのことを指すようです。

沙羅双樹はインド原産ですが、インドと同じような暑い季節に清らかな花を咲かせることから、この夏ツバキが沙羅双樹と間違われたようです。

飛鳥寺の紫陽花

紫陽花の咲く飛鳥寺。

この風景も、また来年までお預けですね。

飛鳥寺へのアクセスは、近鉄橿原神宮前駅東口・飛鳥駅より明日香周遊バス(赤かめバス)飛鳥大仏前下車すぐとなっています。

拝観料は300円です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2009年07月12日 09:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「脳で旅する日本のクオリア」です。

次の投稿は「舌が叩き鳴らす風鈴@おふさ観音」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34