大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 聖徳太子の上之宮遺跡 | HOME | 談山神社の大鳥居 »

蘇武橋は聖徳太子が渡った橋

江戸時代の町並みが今も残る今井町。

その今井町へ続く蘇武橋。

飛鳥川に架かる蘇武橋は、聖徳太子が太子道を通って、斑鳩宮から橘宮へ向かう途中に渡った橋として有名です。

蘇武橋

今井町は、今井兵部が称念寺を中心として結束させた城塞都市です。

織田信長からも「悪の枢軸」と見なされていたほどの力がありました。明智光秀の仲介もあって、降参することになるわけですが、その後も秀吉や家康から一目置かれる存在であり続けます。

飛鳥川

蘇武橋は飛鳥川に架かっています。

朱色の欄干が鮮やかですね。

蘇武橋の榎

蘇武橋を渡った所に巨樹のエノキが佇みます。

榎の高さは14m、樹齢は420年と云われます。

自治権を背景に寺内町として栄えた今井町・・・江戸時代になると商業都市へと変貌を遂げていきます。

地域通貨の今井札はよく知られていますよね。

海の堺、陸の今井と称されるほどの繁栄を謳歌した歴史を持ちます。

そんな今井町の歴史をずっと見守り続けてきたであろう、蘇武橋のエノキ・・・

蘇武橋のエノキ

交通量の多い周辺環境にも屈せず、生長を続けているエノキ。

大和の金は今井に七分、と言われるほど栄えていた今井の過去を知る巨樹・・・その逞しさには頭が下がる思いです。

蘇武橋の袂には、聖徳太子が馬に水を飲ませてあげたという、蘇武之井という井戸があります。

畝傍山と蘇武橋

蘇武橋の向こうに大和三山の一角、畝傍山を望むことができます。

歴史の醍醐味が味わえる、大和の地ならではの光景です。

<今井町の関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2008年07月20日 08:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「聖徳太子の上之宮遺跡」です。

次の投稿は「談山神社の大鳥居」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34