大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 2008年の日帰り食事予約 | HOME | 神酒の醸造に取り組んだ高橋活日命 »

卑弥呼の最期

卑弥呼の最期とは一体どのようなものだったのだろうか?

箸墓古墳は卑弥呼の墓ではないかと言われています。

墓があるからには、当然のことながら、卑弥呼も死を迎えているわけです。

「魏志倭人伝」の記述にも、”卑弥呼もって死す”とあります・・・卑弥呼は老衰で亡くなったのか、それとも多くのシャーマンがそうであるように殺されたのか・・・

卑弥呼の墓 邪馬台国

霊力の衰えた卑弥呼は、次の新しい霊力を持ったシャーマンに交代させられたのではないか、私はそのように思います。

北九州で発見された甕棺の中に、正面から矢を何本も打ち込まれて葬られている女性が見つかっています。

女性の下腹部だけに集中して矢が放たれています。

この女性も、卑弥呼と同じような神憑りの能力を持つ巫女ではなかったかと思われるのです。霊能が衰えて役に立たなくなったから殺された・・・そう解釈できるのではないでしょうか。

卑弥呼

殺されたと言っても、卑弥呼の魂は生き続けます。

次代のシャーマンに乗り移ることにより、さらに強力になった卑弥呼の魂は永遠に生き続けるのです。古代人はきっとそのような考え方をしていたと思われます。

箸墓古墳をぼんやりと眺めながら、卑弥呼の最期について想いを巡らせてみました・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2008年05月28日 19:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2008年の日帰り食事予約」です。

次の投稿は「神酒の醸造に取り組んだ高橋活日命」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34