大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« Swaying Heart「揺れる心」が花言葉の布袋さん@本薬師寺跡2009年度 | HOME | 栽培の難しいチョコレートコスモス »

尾花 ススキ

尾花とはススキのことを意味します。

尾花(おばな)って? ススキの花穂やススキそのものを表現する言葉なんですが、その由来はどこにあるのでしょうか。

ススキ 尾花

ススキ・・・動物の尾っぽに似ていますよね。

古代の人々は、風にゆらゆら揺れるススキから動物の尾っぽを連想したようです。

”たかまとの 尾花吹き越す 秋風に”

コスモスとススキ 甘樫丘

飛鳥の甘樫丘~コスモスとススキを撮影。

秋を象徴するコスモスとススキ。

ススキをじっと眺めていると、やっぱりお月さんの絵が欲しくなりますよね(笑)

万葉の地 飛鳥

日本の原風景が残る飛鳥には、風になびくススキがよく似合います。

野を歩く時、衣服が尾花に擦れ合うことを”尾花摺(おばなずり)”と表現していました。昔の風情が伝わってくる言葉ですよね。

白い彼岸花

国営飛鳥歴史公園には白い彼岸花も咲いていました。

尾花ずりで思い出しましたが、私たちが日常的に使っている「訪れ」という言葉の起源もよく似たところから発しています。

衣ずれの音を「音ずれ」といい、それがいつしか「訪れ」に変わっていったというお話・・・静寂の中に暮らしていた古代の人々は、殊の他、音には敏感だったのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2009年09月28日 09:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Swaying Heart「揺れる心」が花言葉の布袋さん@本薬師寺跡2009年度」です。

次の投稿は「栽培の難しいチョコレートコスモス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34