大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 天理高校@天理教教会本部近く | HOME | 天理教神殿と親里案内 »

「いやちへしきに」万葉集の古語

万葉集の中に出てくる古語には、日本古来の深い情緒が感じられます。

万葉集をメロディーにのせて歌うソプラノ歌手の歌枕直美さんのCDを最近よく聴きます。その楽曲の中に素敵な歌詞を見つけました。

いやちへしきに 万葉集の古語

いやちへしきに。

大伴家持の「恋渡るかも」の歌に出てくる言葉です。

いやちへしきに 恋ひ渡るかも

漢字に直せば、弥千重(いやちへ)頻(しき)に・・・となります。

歌枕直美

歌枕直美さんのプロフィールが書かれています。

西洋音楽を勉強なさっていたそうですが、万葉集との出会いにより日本の心を歌うことに目覚められます。

いやちへしきに・・・

”いよいよ幾重にもかさねて”という意味です。

耳に残る、とても素敵な言葉です。

弥(いや)にはいよいよ、益々といった意味合いがあります。益々栄えることを弥栄(いやさか)と表現しますよね。

動作が何度も重なるさまを、「千重頻く頻くに(ちへしくしくに)」なんて言い表すこともあります。

”五百重(いほへ)波ちへしくしくに恋ひ渡るかも”

寄せては返す波・・・

何度も何度も同じように繰り返される自然の営みの中に、深い恋慕の情を重ね合わせます。大自然と共にあった古代の人々の生活が偲ばれますね。

寄する波 いやちへしきに 恋ひ渡るかも

国見とは 天の香具山を歌い上げる歌枕直美さん!

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

正暦寺の紅葉

大神神社の大門松

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2009年09月08日 07:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「天理高校@天理教教会本部近く」です。

次の投稿は「天理教神殿と親里案内」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34