大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« ひじき入り和風ミートローフ | HOME | 岩船寺の石風呂 »

浄瑠璃寺の九体阿弥陀堂

浄瑠璃寺をご案内致します。

平安文化を今に伝える名刹は、奈良県と京都府の県境近く、加茂町の山里・当尾(とうのお)に位置します。

浄瑠璃寺本堂 九体阿弥陀堂

浄瑠璃寺の本堂。

本堂の中には、9体の阿弥陀如来像が並びます。

九体阿弥陀堂とも言われる所以です。

九体阿弥陀堂 浄瑠璃寺

浄瑠璃寺の別名は九体寺(くたいじ)。

真ん中の中尊には、最も大きい阿弥陀如来像が上品下品印を結んで坐しておられます。その両脇には4体ずつ、上品上生印結んで坐す小さめの阿弥陀様が並びます。

三重塔 浄瑠璃寺

国宝に指定されている浄瑠璃寺三重塔。

西の本堂に対する東の三重塔。

宝池を挟んで、本堂の真向かいに三重塔が建ちます。三重塔の初層には、目鼻立ちのくっきりとした一木造りの本尊・薬師如来像が坐しておられます。

浄瑠璃寺三重塔 薬師如来像

東の薬師如来に、西の阿弥陀如来。

見事な対比です。

浄瑠璃寺の名前は、創建時のご本尊であらせられた薬師如来様の浄土である「浄瑠璃世界」に由来します。

浄瑠璃世界は東方十恒河沙(ごうがしゃ)の仏国土を過ぎた所にあり、その大地は汚れない青色の宝石・瑠璃(ラピスラズリ)で出来ていると云われます。

三重塔から眺める浄瑠璃寺本堂

小高い場所にある三重塔から、宝池~本堂(九体阿弥陀堂)を望みます。

薬師仏は東方浄土の教主であり、現実の苦悩を除き、目標とする西方浄土へ送り出す遣送仏(けんそうぶつ)とされます。

小田原山浄瑠璃寺 真言律宗

浄瑠璃寺の山号は小田原山。

岩船寺と同じく、真言律宗のお寺です。

浄瑠璃寺本堂 宝池

本堂の前に広がる宝池は煩悩の河を意味するのでしょうか。

三重塔に祀られる薬師如来様に苦悩を取り去って頂き、そこで振り返り、宝池越しに彼岸に位置する阿弥陀如来様に来迎を願う。

浄瑠璃寺本堂

国宝の本堂。

彼岸の中日には、薬師如来像の前から見て、九体の阿弥陀如来像の真ん中に太陽が沈みます。実にドラマチックなお彼岸の光景が展開されます。

浄瑠璃寺本堂

本堂の真正面に立ってみました。

縦長の穴が開いていますが、この穴越しに九体阿弥陀如来像の中尊仏が垣間見えます。

浄瑠璃寺の仏像 吉祥天女像

浄瑠璃寺の仏像群。

左下の写真は、吉祥天女像ですね。

秘仏とされており、元旦~1月15日、3月21日~5月20日、10月1日~11月30日まで特別開扉されます。浄瑠璃寺の中でも人気の仏像として知られます。

浄瑠璃寺本堂の裏

浄瑠璃寺本堂の裏。

拝観受付で300円の拝観料を払って、靴を脱いで本堂へ・・・縦長の本堂の裏を通って入口へと向かいます。

浄瑠璃寺本堂 参拝入口

ぐるっと回って、こちらが参拝入口ですね。

境内には猫も多いようで、阿弥陀様が待つ本堂へ入ったら、引き戸を閉めることを忘れずに・・・

浄瑠璃寺の駐車場は300円。

アクセスは、JR・近鉄奈良駅よりバス加茂駅行き浄瑠璃寺前下車徒歩3分となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

正暦寺の紅葉

大神神社の大門松

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2009年12月25日 10:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ひじき入り和風ミートローフ」です。

次の投稿は「岩船寺の石風呂」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34