大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 明日香村稲渕と栢森で催される勧請綱掛神事 | HOME | 開運の神様・摩利支尊天堂のイノシシ »

万葉集に詠まれた飛鳥川の飛び石

飛鳥川の飛び石。

明日香村稲渕にある勧請橋より少し上流に、万葉集にも詠まれた飛び石はあります。

飛鳥川の飛び石

飛鳥には古代の石造物がたくさん残されていますが、この飛び石もその一つに数えられます。

勧請綱掛神事で知られる男綱が張られた飛鳥川。

その少し川上に飛び石は存在します。

飛鳥川の飛び石

古代の明日香川は鉄砲水に悩まされていました。

氾濫する川の様子は、今の穏やかな川の流れからは想像しがたいものがあります。

板橋を渡しても何度も流されてしまったのではないでしょうか。

そこで、このような飛び石が橋の役目を果たしていたというわけです。

飛鳥川の飛び石 案内板

勧請橋を過ぎて栢森地区へ向かう途中、左手に飛び石の案内板がありました。ここを降りて行った所に飛び石はあるようです。

増水したときには渡れなくなる橋。

現在でも日本各地に見られる「沈下橋」の一種ということになりますね。ローコストで人手も要らない橋の建設・・・半永久的に橋の役割を果たし続ける沈下橋は、近辺で暮らす人たちの生活を支えています。

万葉歌碑 飛鳥川の飛び石

飛鳥川の飛び石の脇に万葉歌碑がありました。

明日香川 明日も渡らむ 石橋の 遠き心は 思ほえぬかも

歌の意味も左に記されていますね。

あなたに対して遠く離れた気持ちなど持っていません・・・飛び石が織りなす恋愛模様が浮かび上がります。

飛鳥川の飛び石 接近写真

近づいてみると、結構流れが急なことに気付きます。

対岸に居る恋人。

川がお互いを隔てる物語は、古今東西にちりばめられ、それぞれの貴い輝きを放っています。

恋愛に限らず、川岸には様々な人間模様が描かれます。

彼方の岸を表すお彼岸、明日は我が身を示唆する対岸の火事・・・

飛鳥川の飛び石は、古代からの素敵なプレゼントですね。

石舞台古墳 飛鳥の里へ下っていきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

正暦寺の紅葉

大神神社の大門松

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2009年03月02日 08:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「明日香村稲渕と栢森で催される勧請綱掛神事」です。

次の投稿は「開運の神様・摩利支尊天堂のイノシシ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34