大正楼 TEL:0744-42-6003

大神神社結婚式の会食会場

奈良の宿大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社御用達。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459

京都の南フランス料理 気まぐれ市場

ブライダル業界専門の求人サイト ブライダルアドヴァイン

和の器 うつわ物語

東京もつ鍋天国

« 片道1時間で往来できる京都と奈良 | HOME | 鹿男あをによしの感想 »

米谷町行きのバスで正暦寺へアクセス

正暦寺山門

正暦寺の山門。

正暦寺は奈良の紅葉名所として有名です。

紅葉の名所といえば、山深い地にあるものですが、正暦寺も例外ではありません。

当館大正楼からのアクセスはお車が便利。

国道169号線を奈良へ向かって北上し、奈良の市街地へ入る手前を右折、どんどん山道を登って行きます。少々肌寒さを感じますので、正暦寺ご参拝の際は服装にご注意ください。

正暦寺の地図

正暦寺周辺の地図です。

並び立つ泣き笑い地蔵も案内されていますね。

正暦寺の住所は、奈良県奈良市菩提山町157です。近鉄奈良駅からのアクセス方法はバスがおすすめ。

米谷町行きのバスに乗り、柳茶屋下車徒歩30分となっております。奈良市米谷町の読み方ですが、「まいたにちょう」と読むようです。米谷町と言えば、名阪国道上にある高峰(たかみね)サービスエリアで知られます。SAにしては面積の狭いパーキングエリアのような感じですが、米谷町という地名でまず思い出す場所です。

米谷町行きのバスは、便数も少ないので注意が必要ですね。

正暦寺の駐車場

お車をお持ちの方は、やっぱり車の移動の方が便利です。

ちなみに正暦寺の駐車場は無料です。

看板には「タクシー待合所、いこいの広場」と案内されていますね。右手には菩提仙川に架かる橋が渡されており、そこを通って少し進むと”憩いの広場”らしき、休憩所がありました。

正暦寺の休憩所

正暦寺の休憩処。

第二駐車場の脇にありました。

コーヒーや抹茶で一息付けるようです。抹茶の料金は500円と案内されていますね。

日本清酒発祥の地

日本清酒発祥の地。

寺の横を流れる渓流の水を使って、「菩提泉酒」という上質のお酒が造られていました。京都で珍重されていたそうです。

私がこの石碑の前に辿り着いた時、外国人観光客が記念撮影の真っ最中でした(笑) 石碑の意味を理解してポーズを取っているのだろうか?と要らぬことを考えてしまいました。

今でも境内には、清冽な水が流れており、山の辺の道を散策する観光客たちの喉を潤しています。水がきれいだと、お酒造りもはかどったことでしょうね。

正暦寺の礎石

清酒発祥之地碑の傍に礎石のようなものがありました。

うん?ここに昔の建物が建っていたのでしょうか。

ちょっと気になりますね。テントも設けられていて、何かのイベントで使われる場所なのかもしれませんん。

正暦寺

「日本清酒発祥の地」の石碑裏側。

清酒発祥の歴史が書かれています。

紅葉で有名な正暦寺ですが、清酒との関連も深いお寺だったんですね。

拝観料は500円。

拝観時間は季節によって異なります。

3月~11月は9時~17時。

12月~2月は9時~16時となっています。やはり寒い季節は、1時間早く終了するんですね。

正暦寺の観光ガイド情報でした。

<正暦寺の関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼

オンライン宿泊予約 宴会予約

〒633-0001 奈良県桜井市三輪459
大神神社御用達 奈良の旅館 料理旅館大正楼
TEL:0744-42-6003 (22時まで宿泊予約直通)

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良の宿泊予約料理旅館大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス

Copyright © 2007-2017 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.

奈良の四季情報

万葉文化館の里桜

GWに見頃を迎える春日大社の藤

宿泊予約 宴会予約

奈良県の旅館 奈良の宿泊予約

宿泊予約フォーム

宿泊プラン

空室情報 空室状況

地図 アクセスマップ

宿泊・宴会・結婚披露宴のお問合せ

About

2008年01月15日 12:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「片道1時間で往来できる京都と奈良」です。

次の投稿は「鹿男あをによしの感想」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34